So-net無料ブログ作成

イルマディア、長老から手紙をもらうの巻 [日記]

 満面の笑みをたたえたイルマディアが、姉妹達のねぐらにやってきた。最近はあちこちに精力的に出掛け、なかなか戻ってこない日が多かったのだ。なにがそんなにうれしいのかとカーナに問われて、イルマディアは荷物から一通の手紙を取りだした。

「それ・・・もしかしてドラウの長老からの?」

「そうよ。へへ〜、ついに長老もあたしの実力を認めたってことよね。」

「へえ・・・なるほどねぇ・・・。」

 うなずいているのはイルマディアと同じドラウのシシィとオディール。

「で、これから長老に会いに行くの?」

「もちろんよ。いってきまぁす!」

 ほとんど足が地に着いてないような歩き方で、イルマディアは出ていった。そのあとを追おうと立ち上がったシシィとオディール。

「見に行きましょ。心配だわ。」

「あなた達が仲良いのはわかるけど、あまり甘やかさなくてもいいんじゃない?長老から手紙が届いてるってことは、あの子が自分の力で実績を積み上げてるってことなんだし。」

 とノイラ。

「心配してるのはイルマディアじゃないわ。長老のほうよ。さっきの手紙は、私達がもらったのと同じ文面だったけど、長老の気持ちとしては、絶対あのあとに10枚分くらいの小言を書きたかったと思うのよね。」

「けっこう危なっかしいことしてるもんねぇ。あのレベルでタングルのエリート集団にケンカ売ったり。イルマディアの顔見たら、長老のことだからきっと小言を言い出すわ。だから私達は、長老の血圧が上がらないように、なだめる役よ。」

「なるほどね・・・。ま、ほどほどにね。」

「はーい。」

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。