So-net無料ブログ作成
検索選択

シャンティアへの手紙 [日記]

シャンティアが、ついにドラウの長老から2度目のメールをもらった。

「山火事だって、すごい表現ね。」

「長老も相変わらずだわ。」

「へぇ、あの長老がこんな手紙くれるんだ、シャンティアさんてすごいのねぇ。」

 ここは姉妹達のねぐら。いつの間にか居着いてしまったドラウ3人娘、シシィ、オディール、イルマディアの3人が、シャンティアの手元をのぞき込んでけらけらと笑い転げている。

「でも長老はいい人ね。最初にハーバーに行ったときも、こんな手紙のことを知らずに話しかけたら、『もっと名を売ってここに戻ってこい』なんて言ってくれたわよ。」

 ドラウの長老がやってきたのは、シャンティアがやっと自分の道を見つけて、エベロンで冒険を始めたばかりのころのことだ。

「これはと見込んだ相手には優しいわよ。でも、一度見切りをつけたらもう鼻も引っかけないわ。そのあたりの線引きは冷たいくらいよね。」

 さすがに幼いころから長老と親しくしているらしく、3人が長老をみる目は少し厳しい。

「それじゃあなた達は長老に見込まれてるのね。」

 お茶を淹れながらカーナが笑う。

「そうかなぁ・・・・」

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。