So-net無料ブログ作成
検索選択

また会う日まで [日記]

 船は行ってしまった。地上で見ていた者には、まるで船がすうっと消えてしまったように見えた。


「あっけないわねぇ・・・。」

 そう呟いたシシィが涙を拭った。

「きっとまた会えるわ。」

 そう言ったのは、ケイリア。彼女はエベロンのエルフだ。シシィ達ドラウの娘達は、彼女とはあまり折り合いがよくない。もちろん表だって喧嘩するようなことは今までなかったのだが・・・。

「そうね・・・。」

 ケイリアの言葉に、素直にそう答えられたことに、シシィは自分で驚いていた。このエルフはランフィアのように、自分の力で道を切り開いてきたのだ。ドラウだエルフだという種族の括りが一体何の意味を持つ?大事なのは彼女が仲間であること、それはいつもカーナ達が言っていた言葉だった。

「いつかカーナ達が戻ってきたとき、何もすることがないくらいこの地が平和になっているように、私達ががんばらなきゃね。」

「そうよね。めそめそしていたら怒られちゃうわ。」

 エルディーンが肩をすくめて、シシィの肩を叩いた。

「お前達、帰る家はまだあるのか?」

 長老が尋ねた。

「ええ、宿屋のマスターがそのまま使ってくれていいって」

「なるほど。では一つお前達に言っておこう。今のお前達にはカーナやリゼルのような後ろ盾は何もない。だが、私はカーナ達に約束した。お前達には目をかけておこうと。とは言っても、それはあくまでも、お前達にそれだけの価値があるならばの話だ。それはわかるな?」

「もちろんよ。」

「私の仕事は今まで通り、見込みのある者には目をかけ、ない者は切り捨てる。この地にいる冒険者はお前達だけではないのだ。だから、お前達には何が何でも力をつけてもらわなくてはならぬ。この地の平和はまだまだ遠い。いくらでも仕事はあるはずだ。今までカーナ達から受けた教えを、今こそ役に立てるときだ。私はここで、それをしかと見届けよう。」

 激変の時を迎えるのは、エベロンとて同じこと。次があるなら、その時には笑って酒を酌み交わしたいものだ、もっともあの娘達はいずれ劣らぬ酒豪だそうだが・・・。

 冒険者達は帰っていった。だが、ドラゴンの驚異も、エラドリンの一族の受難も、未だ去ってはいない。彼らはなおいっそうこの地に残る冒険者達を鼓舞し、人材を集めるだろう。その中にあの娘達が入ってくれれば、言うことはない。


「行ってしまったのですね。」

 長老の隣で仕事をしている職人が寂しそうに尋ねた。

「うむ、仕方あるまい。あの娘達なら、きっとうまくやるさ。」

「そうですね。彼女達に次会えるまで、私達はこの街を守り抜きましょう。」

「そうだな・・・。」

 エルフは長生きだ。きっとまた会える。あの人間のクレリックだけは・・・もしかしたら会えないかも知れないが・・・

「いや、きっと会える。そう信じなければな。」

 今はただ、彼女達を信じることしか出来はしないのだから。



「部屋の掃除しなきゃね・・・。」

 帰りの道すがらぽつりと呟いたのはオディール。いなくなった姉妹達の部屋を片付けなくてはならない。

「そうねぇ。イルマディアの部屋なんてぐっちゃぐちゃよ。」

 ため息と共にそう言ったのはエルディーン。

「手伝うわよ。きれいにしておかないと、もしかしたらシシィやオディールの活躍を見て、一緒に仕事をしたいって人が来るかも知れないわ。」

 そう言ったのはケイリアと同じエベロンのエルフ、フラッセ。

「そうねぇ。みんなでかからないと終わらないわよ、多分。いつまでも掃除ばかりしていたら、それこそ力をつけるどころじゃなくなるもんね。」

「そうよねぇ。みんなでやりましょ。」

 いつのまにか、ドラウもエルフもみんな一緒に笑い合っていた。種族の違いなんて意味がない、大事なのは仲間であると言うこと。

「あ、今なんか光らなかった?」

 不意にナイアードが空を見上げていった。

「え、どこどこ?」

 みんな一斉に空を見上げる。その時ふわりと風が吹きすぎて、姉妹達の頬を撫でた。

・・・いってらっしゃい、がんばってね・・・

 毎朝送り出してくれたカーナ達の声が、聞こえたような気がした。

コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。