So-net無料ブログ作成
検索選択

別れの時 [日記]

 最後になんて言おうか、それをずっと考えていた。

 ありがとう

 さようなら

 げんきでね

 どれも言えそうで、そしてどれも言えそうにない、結局決まらないままに朝を迎えた。



 今日はカーナ達がトーリルへと戻る日。他にもトーリルに渡る冒険者は多く、プレーン間移動用の船がハーバーに到着したところだ。

「みんな着替えた?こっちのものはなんにも持っていけないから、気をつけてね。」

 カーナが心配そうに仲間に言う。トーリルへと帰るのは、ミン、カーナ、リゼル、ラフィーネ、シャンティア、ノイラ。そしてエベロンのエルフ、ランフィアと、ドラウのイルマディア。

 冒険者達が自分の家に帰る、ただそれだけのことなのに、なんとドラウの長老が来ている。言うまでもなく、長老の心配はイルマディアだ。

「イルマディアのことはよろしく頼むぞ。」

「長老、何だか娘を嫁に出す父親みたいよ。」

 カーナが笑った。

「そうそう、長老はね、イルマディアのことがすごく心配なの。」

 シシィとオディールは他人事のように笑っている。

「まったくお前達は心配ではないのか!?イルマディアが遠いところに行ってしまうと言うのに!」

「あら、行かせたくないなら行かせないって、長老が自分で言わなきゃ。」

「そんなことはない!」

「大丈夫よ。イルマディアもずいぶんと力をつけてきたわ。向こうでもしっかりやっていけるわよ。」

 そう言ったのは、バードとしては先輩のシャンティア。

「私とは違う道を選んだけど、彼女はそのほうがいいと思うわ。なんと言っても、歌が強烈だしね。」

「強烈・・・なるほど、ものは言いようだな・・・。」

 複雑な顔で長老がうなずいた。「音痴のイルマディア」健在なりと言うことか・・・。

 そのイルマディアも、さすがに今日は神妙だ。仲間のドラウ達と手を握りあい、「元気でね」と泣き出しそうな顔で別れを告げている。

「まったく・・・あの娘のあんな顔を見る日が来ようとはな・・・。」

 いつだって笑っていたイルマディアの泣き顔を見て、長老もさすがに涙腺が緩みそうになった。

「そろそろ出発です。ご乗車ください。」

 エベロンにはとうていいないような、妙に丁寧な船長が降りてきた。別れの時が迫っている。

「みんな元気でね。きっとまた来るわ。」

 1人ずつ、みんなと握手を交わし、船に乗り込んだ。

「元気でな」

「がんばってよ!」

「また会えるよね!?」

 手を振る仲間達の顔をみているうちに、カーナの口から出た言葉は、

「みんな、またね!!」

 扉が閉まり、みんなの顔が遠ざかる。

「では出発です。」

 プレーン間の移動船は、エンジンも何もない。ふわりと浮いて、やがて時間の流れを飛び越える。エベロンの地はあっという間に見えなくなり、窓の外は闇に閉ざされた。


「またね、なんて、会えるかどうかもわからないのにね・・・。」

 窓の外の闇を見つめながら、カーナが呟いた。

「会えるわよ。そう信じましょうよ」

 同じように窓の外を見つめているリゼルがぽつりと言った。

「会えるわ。いいえ、絶対の会うの。私はいつか必ずエベロンに帰るから。」

 そう言ったのはイルマディア。ランフィアもうなずいている。

「私達は片道切符を買ったつもりはないわ。無期限で使える帰り道の切符も持って出てきた、そう思ってるのよ。」

「そうね・・・。」

 ありがとうも、さようならも、きっといつでも言える。だから今は言わない。

「みんな!!またね!」

コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。