So-net無料ブログ作成
検索選択

ハーバーの夕暮れ [日記]

 今日は久しぶりにハーバーにやってきて、夕日を眺めている。
 
 初めてこの町に足を踏み入れた2ヶ月前、泣きそうなほど心細い思いで眺めた夕日を、こんなに美しいと思える日が来るとは思わなかった。右も左もわからないまま、夢中でクエストをこなしていた毎日。いつの間にか5人ともレベル5になり、ハーバーでもマーケットプレースでも、それなりに顔が知れてきた。

 この2ヶ月の間に、姉妹達の考え方もそれぞれ変化してきたようだ。リゼルとラフィーネとシャンティアは、特に他のクラスに興味を持つこともなく、それぞれ今のクラスの能力を伸ばしていくことに専念している。ことにラフィーネは真剣だ。以前のタングルの一件以来、クレリックとしてどこから声がかかっても余裕で対応できるようになりたいとがんばっている。善悪にこだわるところも融通が利かないところも相変わらずだが、盗賊団に所属する3人についてあれこれ言うこともなくなった。理由を尋ねると、

「あなた達楽しそうなんだもの、私が口出しする必要はないと思って」

との返事。どうやら少しは柔軟になってきたらしい。と思いきや

「言っておくけど、盗賊団の存在そのものを認めたわけではなくてよ」

 まあやっぱりラフィーネはラフィーネだと、陰でくすくすと笑う姉妹達。

 レベル5ともなれば、そろそろ自分の方向性を決めなければならないときだ。ラフィーネはどうやら回復のエキスパートを目指しているらしい。さて他の姉妹達はどうなのだろう。リゼルとシャンティア

 レベルアップ時にどんな呪文を選ぶかによって進むべき道が決まると言っても過言ではないソーサラーとバード。次のレベルの呪文にどんなものがありどんな効果があるのか、どれを選ぶのが自分に一番適しているのか、いろいろと調査しているようだ。その結果は、リゼルは攻撃メインで行きたいという。「なるほどね」と思い切り納得する姉妹達。HPも少ないくせにダンジョン内では先頭を走り前衛に混じって突撃していくような、無鉄砲を絵に描いたようなリゼルにはそれが一番ぴったりだと言うことらしい。本人も反論する気にはなれないようで、へヘッと笑っている。さてシャンティアはといえば、バードの呪文自体が攻撃というより補助系ばかりだと言うこともあり、さらに本人も戦闘には向かないことを自覚しているようで、回復と補助というバードの役割を果たすことだけを考えて、今は歌の稽古に余念がない。

カーナとノイラ

 ローグとスペルキャスターという二足のわらじを履く二人。普段は仲が悪いわけではない二人だが、ローグ能力としてはノイラのほうが優れていることで、カーナはずっと、いささかひがみのような感情をノイラに持っていたようだ。普段はあまり感情を表に出さないカーナだが、たまにとげのある台詞をノイラにぶつけることがある。対するノイラも黙ってかわせるほどには大人になれず、カーナとはすぐケンカになっていたものだが・・・最近二人の言い争う声を聞いていない。

「結局のところ、目指す方向が違うんだものね。」

と言うのがその理由らしい。

 カーナはローグとしてもウィザードとしてもそれなりの力を身につけたいからと、ローグ能力を伸ばす傍ら呪文の勉強にも余念がない。だが、レベル5とはいえ、ウィザードとしてはレベル2でしかない。今のところウィザードとしてそれほど役に立てないのがちょっと悔しい。スクロールさえ転写できればいつでも呪文を増やせるカーナはリゼルに羨ましがられることが多いが、二足のわらじを履く身としては、かえって順調にレベルを上げていくリゼルのほうが羨ましいと思うこともある。対するノイラは「クレリックはあくまで補助。私はローグ」と割り切り、ローグとしての能力を最優先で伸ばしている。でも実はひとたびダンジョンにはいると、仲間達のHPが低くなってないか、クレリックのSPが切れていないかをいつも気にかけていることを、みんな知っている。

 最近は全員タングルデビューを果たし、それなりのアイテムを手に入れることができるようになってきた。今年の冬にはまたこの世界も広がるらしい。レベルももっと上げられるようになるようだが姉妹達にはまだまだ先の話。

 マーケットプレースに戻ろうとしたとき、どやどやと出てきた冒険者の一団に出会った。高そうな鎧に高そうな武器。一目で高レベルとわかるパーティーだ。最近噂の新クエストに出かけるのだろう。

「そのうち行きたいわねぇ。」「そのうちね。」

 まだまだレベル5、のんびり行こうじゃないのと、姉妹達はそれぞれの拠点へと戻っていった。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
Le

全員を満遍なく楽しんでいるのがすごいです。
あたしは、どうしてもLeに愛情を注いでしまう。

というか、操作できないんですよね(^^;
by Le (2006-10-26 01:02) 

リゼル

Leさん、読んでくださってありがとうゴザイマス。

うちのキャラ達はそれぞれ一長一短、能力値の割り振りに失敗したなあと思われるクレリックや、よけいなところにスキルポイントを振ってしまってローグとして今ひとつになってしまったカーナなど、わりと「これぞ」というキャラがいませんが、みんなかわいいです。とても一人に愛情を注ぐと言うことができませんw

出来の悪い子ほどかわいいという説もw

全員後衛タイプですが、前に出たがりのリゼルや、近接戦闘でも弓を使いたがるカーナのように、けっこうそれぞれ違った操作をしています。

していると言うよりなってしまうといったほうがいいのかなw
by リゼル (2006-10-26 01:41) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。