So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

また会う日まで [日記]

 船は行ってしまった。地上で見ていた者には、まるで船がすうっと消えてしまったように見えた。


「あっけないわねぇ・・・。」

 そう呟いたシシィが涙を拭った。

「きっとまた会えるわ。」

 そう言ったのは、ケイリア。彼女はエベロンのエルフだ。シシィ達ドラウの娘達は、彼女とはあまり折り合いがよくない。もちろん表だって喧嘩するようなことは今までなかったのだが・・・。

「そうね・・・。」

 ケイリアの言葉に、素直にそう答えられたことに、シシィは自分で驚いていた。このエルフはランフィアのように、自分の力で道を切り開いてきたのだ。ドラウだエルフだという種族の括りが一体何の意味を持つ?大事なのは彼女が仲間であること、それはいつもカーナ達が言っていた言葉だった。

「いつかカーナ達が戻ってきたとき、何もすることがないくらいこの地が平和になっているように、私達ががんばらなきゃね。」

「そうよね。めそめそしていたら怒られちゃうわ。」

 エルディーンが肩をすくめて、シシィの肩を叩いた。

「お前達、帰る家はまだあるのか?」

 長老が尋ねた。

「ええ、宿屋のマスターがそのまま使ってくれていいって」

「なるほど。では一つお前達に言っておこう。今のお前達にはカーナやリゼルのような後ろ盾は何もない。だが、私はカーナ達に約束した。お前達には目をかけておこうと。とは言っても、それはあくまでも、お前達にそれだけの価値があるならばの話だ。それはわかるな?」

「もちろんよ。」

「私の仕事は今まで通り、見込みのある者には目をかけ、ない者は切り捨てる。この地にいる冒険者はお前達だけではないのだ。だから、お前達には何が何でも力をつけてもらわなくてはならぬ。この地の平和はまだまだ遠い。いくらでも仕事はあるはずだ。今までカーナ達から受けた教えを、今こそ役に立てるときだ。私はここで、それをしかと見届けよう。」

 激変の時を迎えるのは、エベロンとて同じこと。次があるなら、その時には笑って酒を酌み交わしたいものだ、もっともあの娘達はいずれ劣らぬ酒豪だそうだが・・・。

 冒険者達は帰っていった。だが、ドラゴンの驚異も、エラドリンの一族の受難も、未だ去ってはいない。彼らはなおいっそうこの地に残る冒険者達を鼓舞し、人材を集めるだろう。その中にあの娘達が入ってくれれば、言うことはない。


「行ってしまったのですね。」

 長老の隣で仕事をしている職人が寂しそうに尋ねた。

「うむ、仕方あるまい。あの娘達なら、きっとうまくやるさ。」

「そうですね。彼女達に次会えるまで、私達はこの街を守り抜きましょう。」

「そうだな・・・。」

 エルフは長生きだ。きっとまた会える。あの人間のクレリックだけは・・・もしかしたら会えないかも知れないが・・・

「いや、きっと会える。そう信じなければな。」

 今はただ、彼女達を信じることしか出来はしないのだから。

その時娘達は・・・


コメント(0) 

別れの時 [日記]

 最後になんて言おうか、それをずっと考えていた。

 ありがとう

 さようなら

 げんきでね

 どれも言えそうで、そしてどれも言えそうにない、結局決まらないままに朝を迎えた。



 今日はカーナ達がトーリルへと戻る日。他にもトーリルに渡る冒険者は多く、プレーン間移動用の船がハーバーに到着したところだ。

「みんな着替えた?こっちのものはなんにも持っていけないから、気をつけてね。」

 カーナが心配そうに仲間に言う。トーリルへと帰るのは、ミン、カーナ、リゼル、ラフィーネ、シャンティア、ノイラ。そしてエベロンのエルフ、ランフィアと、ドラウのイルマディア。

 冒険者達が自分の家に帰る、ただそれだけのことなのに、なんとドラウの長老が来ている。言うまでもなく、長老の心配はイルマディアだ。

「イルマディアのことはよろしく頼むぞ。」

「長老、何だか娘を嫁に出す父親みたいよ。」

 カーナが笑った。

「そうそう、長老はね、イルマディアのことがすごく心配なの。」

 シシィとオディールは他人事のように笑っている。

「まったくお前達は心配ではないのか!?イルマディアが遠いところに行ってしまうと言うのに!」

「あら、行かせたくないなら行かせないって、長老が自分で言わなきゃ。」

「そんなことはない!」

「大丈夫よ。イルマディアもずいぶんと力をつけてきたわ。向こうでもしっかりやっていけるわよ。」

 そう言ったのは、バードとしては先輩のシャンティア。

「私とは違う道を選んだけど、彼女はそのほうがいいと思うわ。なんと言っても、歌が強烈だしね。」

「強烈・・・なるほど、ものは言いようだな・・・。」

 複雑な顔で長老がうなずいた。「音痴のイルマディア」健在なりと言うことか・・・。

 そのイルマディアも、さすがに今日は神妙だ。仲間のドラウ達と手を握りあい、「元気でね」と泣き出しそうな顔で別れを告げている。

「まったく・・・あの娘のあんな顔を見る日が来ようとはな・・・。」

 いつだって笑っていたイルマディアの泣き顔を見て、長老もさすがに涙腺が緩みそうになった。

「そろそろ出発です。ご乗車ください。」

 エベロンにはとうていいないような、妙に丁寧な船長が降りてきた。別れの時が迫っている。

「みんな元気でね。きっとまた来るわ。」

 1人ずつ、みんなと握手を交わし、船に乗り込んだ。

「元気でな」

「がんばってよ!」

「また会えるよね!?」

 手を振る仲間達の顔をみているうちに、カーナの口から出た言葉は、

「みんな、またね!!」

 扉が閉まり、みんなの顔が遠ざかる。

「では出発です。」

 プレーン間の移動船は、エンジンも何もない。ふわりと浮いて、やがて時間の流れを飛び越える。エベロンの地はあっという間に見えなくなり、窓の外は闇に閉ざされた。

そして・・・


コメント(0) 

最後の選択 [日記]

「こんにちは、長老」

 久しぶりにドラウの長老、ニックス・デュランディミオンの元に現れたのはカーナだった。

「お前か、ずいぶんと久しぶりだ。最近はエラドリンの一族の手助けをしていると聞いたが?」

「そうね。シュラウドはかなり厳しい場所だけど、長老に鍛えられたおかげで何とかやって行けてるわ。」

「ふん、世辞もうまくなったようだな。お前の力は、お前が努力して身につけたものに他ならない。そんなことで私に感謝する必要などないわ。」

 そういうわりに、長老の口元は緩んでいる。

「お世辞なんかじゃないって。長老には本当に感謝しているの。たった1人でこの街に来たときから、何かと気にかけてくれたもんね。」

「見込みがあると思えば気にはかけるし、ないと思えば切り捨てる。それが私の仕事だ。だが、今日はそんな話をしに来たのではあるまい?」

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

4人目のドラウ [日記]

「おっはよ〜!!」

 朝、いつものように起き出してみんなが集まる部屋へと顔を出した、シシィ、オディール、イルマディアだったが・・・

「おはよう。相変わらず元気が良いのね。」

 そこにいたのは見知らぬドラウだった。

「え・・・・?」

 きょとんとする3人。

「あの・・・どちら様・・・?」

 そのドラウはくすりと笑って、立ち上がった。

「連れないわねぇ。私の顔を忘れるなんて。まあ・・・髪の色とかけっこう変えちゃったからなあ。」

「髪の・・・色・・・」

 その時突然イルマディアが大声を上げた。

続きを読む


イルマディア、長老から手紙をもらうの巻 [日記]

 満面の笑みをたたえたイルマディアが、姉妹達のねぐらにやってきた。最近はあちこちに精力的に出掛け、なかなか戻ってこない日が多かったのだ。なにがそんなにうれしいのかとカーナに問われて、イルマディアは荷物から一通の手紙を取りだした。

「それ・・・もしかしてドラウの長老からの?」

「そうよ。へへ〜、ついに長老もあたしの実力を認めたってことよね。」

「へえ・・・なるほどねぇ・・・。」

 うなずいているのはイルマディアと同じドラウのシシィとオディール。

「で、これから長老に会いに行くの?」

「もちろんよ。いってきまぁす!」

 ほとんど足が地に着いてないような歩き方で、イルマディアは出ていった。そのあとを追おうと立ち上がったシシィとオディール。

「見に行きましょ。心配だわ。」

「あなた達が仲良いのはわかるけど、あまり甘やかさなくてもいいんじゃない?長老から手紙が届いてるってことは、あの子が自分の力で実績を積み上げてるってことなんだし。」

 とノイラ。

「心配してるのはイルマディアじゃないわ。長老のほうよ。さっきの手紙は、私達がもらったのと同じ文面だったけど、長老の気持ちとしては、絶対あのあとに10枚分くらいの小言を書きたかったと思うのよね。」

「けっこう危なっかしいことしてるもんねぇ。あのレベルでタングルのエリート集団にケンカ売ったり。イルマディアの顔見たら、長老のことだからきっと小言を言い出すわ。だから私達は、長老の血圧が上がらないように、なだめる役よ。」

「なるほどね・・・。ま、ほどほどにね。」

「はーい。」

続きを読む


シャンティアへの手紙 [日記]

シャンティアが、ついにドラウの長老から2度目のメールをもらった。

「山火事だって、すごい表現ね。」

「長老も相変わらずだわ。」

「へぇ、あの長老がこんな手紙くれるんだ、シャンティアさんてすごいのねぇ。」

 ここは姉妹達のねぐら。いつの間にか居着いてしまったドラウ3人娘、シシィ、オディール、イルマディアの3人が、シャンティアの手元をのぞき込んでけらけらと笑い転げている。

「でも長老はいい人ね。最初にハーバーに行ったときも、こんな手紙のことを知らずに話しかけたら、『もっと名を売ってここに戻ってこい』なんて言ってくれたわよ。」

 ドラウの長老がやってきたのは、シャンティアがやっと自分の道を見つけて、エベロンで冒険を始めたばかりのころのことだ。

「これはと見込んだ相手には優しいわよ。でも、一度見切りをつけたらもう鼻も引っかけないわ。そのあたりの線引きは冷たいくらいよね。」

 さすがに幼いころから長老と親しくしているらしく、3人が長老をみる目は少し厳しい。

「それじゃあなた達は長老に見込まれてるのね。」

 お茶を淹れながらカーナが笑う。

「そうかなぁ・・・・」

続きを読む


(2006/9/24分再掲)カーナのレベルアップ!そして衝撃の事実が!? [日記]

ついにカーナがレベル5に。今回はあまりにも半端だったウィザードとしての力を伸ばすことに決めた。

今日はSTKRUNに参加し、以前死ぬ羽目になった火の罠を一部解除。仲間達を無事通過させることに成功した。リゼルがラスティネイル盗賊団のくまじいちゃんから、罠の場所をある程度聞いてきて教えてくれたのだ。それを頼りに一つめを解除し、あとは場所を知っている仲間が教えてくれて、なんとか解除に成功した。自分が死ぬのはいいが、仲間を巻き込むのはやはり心苦しい。多少なりとも道を覚え、仲間の足について行けるようになってきたことがうれしかった。

これからはまた行動範囲も広がるだろう。

続きを読む


爆弾娘現る!? [日記]

 ある日の朝、姉妹たちのねぐらに一人のドラウがやってきた。

「こんにちはぁ!あたし、イルマディア、でーす!」

 あまりにも素っ頓狂な声に驚いて、姉妹たちがみんな出てきた。ちょうど顔を出していたシシィとオディールがその訪問者に駆けより、声をかける。

「あー!あんたやっときたの!?結局なに始めたのよ!?」

「へへー!聞いて驚け!なんとバードよっ!」

 イルマディアというらしいドラウは得意げに胸を反らして見せた。

「あ、あんたがバード・・・・。あの音痴で有名なイルマディアが・・・・。」

「こ、こりゃストームリーチは大荒れだわ・・・。」

 あきれ顔でため息をつくドラウ二人。

「あら、これでも必死で修行したのよー。ストームリーチのリルを目指してまーす!皆さんよろしくっ!」

「あ、ああはい。よろしくね。」

「元気がいいわねぇ。よろしくね。」

 突然の嵐のような訪問者に呆然としていた姉妹たちがそれぞれ挨拶をしたが・・・。

「あんたの名前って、ドラウじゃよくあるの?」

 突然尋ねたのはリゼルだ。見ると彼女にしては珍しく渋い顔をしている。

続きを読む


種族のモンダイ [日記]

「あーあ・・・!」

 大あくびをしながら久しぶりにシシィがギルドに顔を出した。修行し直しを決意してからだいぶ過ぎるが、未だにレベル5止まりでハーバーをウロウロしているらしい。

「どうしたの?」

 不思議に思ったカーナが声をかける。

「長老に怒られちゃってさぁ。『いつまでふらふらしてるんだぁ!』って。」

 怒られたわりにはシシィは楽しそうだ。

続きを読む


みんなでPF♪ [日記]

 ギルドの扉を開ける。

「あら、今日は早いね。」

 シャンティアが荷物の整理をしていたり、ラフィーネがどこかに行こうか、などとギルドのメンバー達と話し合っている。

「ねえワンド1本分けてよ、お金払うからさぁ。」

 これから冒険に出掛けるノイラが荷物を覗いて青い顔でラフフィーネに頭を下げている。

「あとで買って送るから、1本あげといて。」

 シャンティアに言われてため息と共にワンドを2本差し出すラフィーネ。

「まったくあなたは準備が足りないんだから。」

 一言小言を付け加えるのも忘れない。そんな2人を見ていて、カーナが安堵のため息を漏らす。

「すっかりここになじんだわねぇ。」

「前に誘ったときはラフィーネが嫌がってたもんねぇ。まああの当時は盗賊団だったし。」

「その面影も今はだいぶ薄れたわよ。ローグは多いけど、パラディンも多いしね。なじみやすかったんだと思う。まずは一安心かな。」

続きを読む


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。